チャイナ・シンドローム

原発事故を描いたサスペンス映画で『チャイナ・シンドローム』というのがあるのだが、この映画の中に『事故を防ぐために命を懸ける原発管理者や不祥事を揉み消そうとする利益優先の経営者』が出てきて、まるでこのあいだの福島原発の事故を思い出す。

この映画のストーリーはネタばれになるので書かないが、私は『東京電力もこの映画と同じ状況になったら同じ対応をするだろうな』と思いながら見ていた。

今回の福島原発事故の時に『メルトダウン』や『チャイナ・シンドローム』という言葉が聞かれたが、チャイナ・シンドロームという言葉はこの映画の中のセリフから引用されたそうだ。

ちなみに『メルトダウン』の意味は、直訳すると『溶け落ちる』となるように、格納容器内にある燃料棒(核物質)が熱暴走して容器の底に融け落ちて、さらに暴走がとまらず底を溶かして外部に漏れだす事を云う。

そして『チャイナ・シンドローム』とは『もしアメリカの原発がメルトダウンを起こしたら、融けた燃料が重力に引かれて地面を溶かし、地球の反対側の中国まで熔けていってしまうのではないか』というセリフが語源になっている。

Comments are closed.

Subscribe to RSS feed